当研究所について

     

日本ポジショニング・マップ研究所とは

日本ポジショニング・マップ研究所は、ポジショニングマップを活用したマーケティング調査・分析を行う専門サービスです。食品や日用品など様々な業界や製品カテゴリについて、独自に企画したユーザー調査を実施し、その結果に基づいて市場や競合製品を一目で把握できるポジショニングマップ(位置付け図)を作成しています。

サービスの目的と背景

日本ポジショニング・マップ研究所は、客観性のあるポジショニングマップのサンプルを提供することで、企業のマーケティング活動の品質向上に貢献したいと考えています。

ポジショニングマップは市場や競合製品を分析する際に使用される便利なツールです。しかし、見た目は簡単そうでも、実際に作成してみると手順が複雑でかなりの手間がかかります。また、作成作業の中には主観的に判断せざるを得ない部分もあり、客観的に説明しづらいことも少なくありません。

こうした問題を解消するために実施していることが、以下の2点ですす。

  1. データに基づいてポジショニングマップを作成する
  2. ポジショニングマップのサンプル例を複数作成する

これにより、ポジショニングマップの客観性を上げ、複数のサンプル例を参照にすることでマップを一から作る手間を省くことが可能となります。

なお、補足ですが、競合製品のユーザー調査を自社で行うのは、自社製品の調査に比べて優先順位が低くなってしまうため予算が付きづらいなど、実施しにくいケースが少なくありません。そこで、第三者が実施して業界共通の情報として提供することで、企業は予算や労力をそれほどかけずに必要な情報を手軽に入手できるようになります。

ポジショニングマップのサンプル提供を通じたマーケティング情報のシェアリングにより、企業のマーケティング活動の更なる効率化・スピードアップに微力ながら貢献していければ幸いです。